快適なタイピングのためのEmacs。インストールと基本コマンド

emacsで日本語入力
スポンサーリンク

快適なタイピングをするために、まずはキーボードのカスタマイズをしました。
こちらが前回の記事→「タイピングに最適なキーカスタマイズを考える

次に必要なのは…
快適なキーボード操作をするためのエディタです!

そう、使うのはEmacs

Emacsはウィンドウズ、Mac、Linuxのどれでもインストールすることができます。Emacsはプログラミング用途で使うことが多いのですが、日本語で文章を書くのも全然OKです。

主にプログラミング用途ということもあって、編集機能がすばらしいです。プログラム用のエディタの機能は、日本語には向いていないものが多いのですが、Emacsはかなり使えます。どのような機能があるかは、こちらをどうぞ。
前々回の記事→「快適なタイピング環境を構築する

Mac使いなのでMacで説明していきます。ウィンドウズでも設定ファイルの書き方は同じなので大丈夫だと思います。詳しい説明の前に、最初なのでEmacsの紹介をしておきますね。

Emacsの特徴

  1. とにかく装飾キーを多用する
    キーボードですべてを操作するということは、装飾キー+アルファベットキーを駆使します。装飾キーは数が少ないので、限られた装飾キーを多用することになります。装飾キーはカスタマイズして押しやすい位置にしておかないと、「なんでこんな押しにくいキーを使って操作するんだ?」と思うはず。無理すると小指が攣ります^^;

  2. カスタマイズで生まれ変わる
    インストール直後は、はっきり言って「使いづらいメモ帳」です(T-T)
    「Emacsのどこがいいんだ?」くらいに思ってしまいます。それが自分好みにカスタマイズしていく度に成長して、どんどん可愛くなっていきます。

  3. 多機能すぎる
    Emacsが本気になると何でもできます。例えば、
    ・データベース
    ・ターミナル
    ・音楽再生
    ・テキストブラウザ
    ・メールクライアント
    ・ゲーム
    なんてこともできてしまいます。最新のPCならいろいろな機能をどんどん詰め込んでも大丈夫かも。

Emacsの独自用語

Emacsの情報を探すようになると、見慣れない用語が出てきます。今後のために、良く使う用語をまとめておきました。

  1. マーク(Mark)
    画面上に印をつけること。マークした位置から選択範囲を作ったり、文章を編集後にマーク位置に戻ったりすることができます。

  2. リージョン(Region)
    選択範囲のこと。マークした位置からカーソルが移動した位置までがリージョン(選択範囲)となります。

  3. キル(Kill)
    カットのこと。

  4. キルリング(Kill Ring)
    クリップボードみたいなもの。コピーやカットされたテキストが保存されます。

  5. ヤンク(Yank)
    貼りつけのこと。

  6. バッファ(Buffer)
    テキストを書く作業場のこと。ファイルを開くとバッファに一時的に読み込まれます。そのバッファを編集して保存すると元のファイルが変更されます。

  7. ミニバッファ(MiniBuffer)
    コマンドを入力するためのエリア。画面の一番下にあります。

  8. モードライン(ModeLine)
    ミニバッファの上にある、ステータスが表示されるところ。カスタマイズすることにより、カーソルのある行番号や選択範囲の文字数などを表示することもできます。

  9. キーバインド(Key Binding)
    キーを押したときに実行されるコマンドを割り当てることをいいます。

Emacsのインストールと設定ファイル

Emacsのインストール

まず「GNU Emacs For Mac OS X」からEmacsをダウンロードします。

GNU Emacs For Mac OS X

emacsの配布サイト

なんだか、真ん中に「X」と書いてある派手なページです。もうちょっとオシャレな感じがよかったですが、勢いを感じるのでよしとします。

下の方に大きく「Download]と書いてあるところがありますね。クリックしてください。

ダウンロードが始まります。ファイルサイズは52.7Mあります。ダウンロードしたフォルダに、Emacs-24.5-1-universal.dmg(平成28年8月現在)というファイルがあるのでダブルクリックです。

新しいウィンドウが開くので、Emacsのアイコンをアプリケーションフォルダのアイコンにドラッグしてください。これでインストール完了です。

emacsのインストール

設定ファイルで入力ミスしたときのために

Emacsの設定は、「init.el」というファイルに記述していきます。

Macの場合、このファイルが隠しフォルダの「.emacs.d」というフォルダにあるので、Finderで見ることができません。Emacsから「init.el」は見ることができますが、入力ミスが一文字でもあるとEmacs自体起動できなくなることがあります。

もしEmacsが起動できなくなってしまったら、ターミナルから以下のコマンドを実行するとFinderで見ることができるようになります。ターミナルはスポットライト検索で「ターミナル」と入力します。ターミナルが起動したら以下のコマンドを何も考えずに一行ずつコピペしてください。(先頭の$はコピーしないでください)

  • 隠しフォルダ(ファイル)を見る
    $ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
    $ killall Finder
元に戻したいときは以下のコマンド
隠しフォルダ(ファイル)を隠す
$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE
$ killall Finder

init.elを右クリックすると、「このアプリケーションで開く」というメニューがあります。その中から「テキストエディット」を選ぶとinit.elを編集することができます。間違えた箇所を直せばEmacsが起動するようになります。

init.elはカスタマイズした項目が多くなってくると、いったいどこが間違えたのか分からなくなって途方に暮れることがあります。必ずバックアップを取っておくようにしましょう。このinit.elが無くなったら、また最初から設定やり直し…これは泣けます。

基本のコマンド

Emacsのキーバインドは、実はEmacs以外でも使うことができます。特に基本のコマンドを覚えておけば、いろいろな所で活用することができます。Emacs以外でも、キーボードですべて操作できると便利ですよね。

  • OSレベル
    Windowsは「AutoHotKey」、Macは「Karabiner」でEmacsキーバインドを設定可能。

  • ブラウザ
    Chromeは「Emacs-mode」、Firefoxは「KeySnail」で設定可能。「KeySnail」は多機能で便利です。今はChromeを使っていますが、Firefox+KeySnailでキャレットブラウズモードを使いこなすと良さそうなので、また使ってみる予定です。

  • 日本語プロセッサ
    ATOKはカスタマイズでかなり使えるようになります。これほどカスタマイズできる日本語プロセッサはありません。超便利です。

基本のコマンドは、いろいろ他のアプリでも使えるのでデフォルトのまま使おうと思います。では、よく使う基本コマンドの一覧です。

コマンドの見方
EmacsのコマンドはcontrolキーやAlt(Option)キーを使います。
例えば「control+A」は、controlキーを押しながらAキーを押すことを意味しています。

行頭、行末への移動

Emacsの基本コマンド
コマンド 説明
control+F 一文字進む
control+B 一文字戻る
control+A 行頭に移動
control+E 行末に移動
control+N 次の行に移動
control+P 前の行に移動
control+W カット
Option(Alt)+W コピー
control+Y ペースト
control+G キャンセル
control+H 一文字前を削除
control+K カーソル以降を削除
control+M リターン
control+S 前方検索
control+R 後方検索
control+X control+F ファイルを開く
control+X control+C  ファイルを閉じる

基本コマンドは他にもいろいろありますが、どうせ今後自分好みのキーバインドに変えてしまいます。このくらい覚えておけば大丈夫です。

困ったときは

Emacs使っているときに以下の症状で困ることがあるかもしれません。

  • 動かなくなった
  • ミニバッファにコマンドがたくさん並んだ
  • ウィンドウの表示がおかしくなった
  • レインボーカーソルが現れた(Mac)

そんな場合は、まずは最強コマンドの「control+G」を連打します。遠慮無く押してください。押しすぎても大丈夫です。
それでもダメな場合は、Emacsを終了させます。最終手段は強制終了。

そんな感じで大丈夫です。こんな感じで何年も使ってますが、Emacsは壊れません
遠慮無く雑に扱って、どんどん慣れていくのが一番です。


次回は、Emacsでのコマンドの設定についてです。

 

快適なタイピング環境を構築する

2016.07.29
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

柊にわか(ひいらぎ にわか)といいます。 自分が成長するのが好きな40代の男です。 パソコン、ジョギング、料理、お笑い、映画、ディズニー… ジャンルを問わず、興味をもったら首をつっこんでしまいます。 成長するのが止まったら自分の人生は終わりだろうなぁ。