iphoneアップデート後に「不明なエラー56」!その後の対応

iPhoneの故障
スポンサーリンク

iPhoneがアップデート後に突然iTunesの接続画面になり、復旧しようとしても「不明なエラー(56)」と出て先に進めなくなりました。
不明なエラーが出たときにPCの画面に出た対応策はすべてダメでした。ネットで調べたことを試してもダメ…
こんな症状の方が他にもいそうなので、その時の対応についてまとめてみました。

不明なエラー(56)の内容を調べて自力で解決する

iPhoneのアップデート通知来ていたので、いつも通りにアップデートしました。今までは何事もなく更新できていたので。
ところが…そろそろ終わったかなと思って画面を見ると、なんとiTunesの接続画面に!!

MacBookでiTunesに接続したことがあるので、今回もPCにつなげればすぐに復旧できるものだと思っていました。
ケーブルをつなげてみるとiPhoneの復元画面になりますが、ゲージが8割くらい進むとPC側に「不明なエラー56」と出て止まってしまいます。

PCの画面に復旧のトラブルシューティングが出ているのでそれを試すことにしました。

  1. 最新のiTunesに更新する
  2. セキュリティーソフトを停止させる
  3. USBケーブルの接続を確認する
  4. 復旧を合計3回試してみる

この4つを試してみました。
結果はすべて同じで、いずれもエラー56が出て途中で止まります。なんか、自力では無理っぽいです。

エラー56の説明をネットで調べてみると、どうもハードウェアの故障の可能性が高そうなのでアップルの電話サポートにお願いすることにしました。
アップルのホームページからサポート電話の予約ができるので日時を指定しておきます。PCのサポートは時間がかかるので休みの日に指定しておきました。

アップルの電話サポート

指定した時間になるとアップルから電話がかかってきます。自分の場合は指定時間の5分後くらいにかかってきました。
その時にしたことは以下の通りです。

  1. iTunesを最新にする
  2. セキュリティーソフトを停止させる
  3. iPhoneを電源ボタンとホームボタン長押しで終了させる
  4. ホームボタンを押しながらケーブルを差し込む
  5. 復旧を試してみる
  6. USBケーブルを別の差し込み口に変えてみる
  7. 別のPCに接続してみる
  8. 復旧を合計3回試してみる

この8つを試してみました。結果はすべてエラー56です。

サポートのお姉さんにエラー56のことを聞いてみると、エラー56はハードウェアの故障か、iPhoneとPCの接続のエラーでよく出るのだそうです。
これだけやってダメな場合は、直接Apple正規サービスプロバイダか、Genius Barのあるアップルストアに行って修理をしないと無理とのことでした。

サポートのお姉さんが最寄りのアップルストアの予約状況を調べてくれたのですが、あいにく今日は予約が空いているところが無いとのこと。
郵送でも修理してもらえますが、早くiPhoneが復活してほしいので、仕方ないのでアップルストアで順番待ちすることにしました。

今回の原因は何だったんでしょうと聞いてみると、iPhoneは何らかの理由でアップデート時に接続が切れてエラーを起こすことがあるそうで、おそらく
それではないかとのことでした。お姉さんは面倒でもiTunesに接続してアップデートをした方が安全だと言っていましたので、今後そうすることにします。

今回初めてアップルのサポートに電話しましたが、サポートのお姉さんの感じがたいへん良かったです。この復旧を試すのに約1時間30分くらいかかった
のですが、復旧の結果待ちのときにもiCloudのバックアップができているか調べてもらったりして時間は長く感じなかったです。
たいへんお世話になりました。

たいへんお世話になっておいてなんですが、このエラー56は上に書いた1から8までを試してダメだったら直接アップルストアに行った方が早いです。
サポートのお姉さんと話してみたい場合は予約しておいてください^^

アップルストアに修理してもらう

iPhoneが無償交換になる可能性が高いので、交換する機種の在庫があるかどうか事前に電話で確認してからストアに向かいます。
iPhoneをさがすをオフにしておくと手間が省けます。また、AppleIDとパスワードを聞かれるのでメモしておきます。

アップルストアに行くと整理券が配られていて、指定時間に来るように言われます。自分の場合は40分待ちでした。

時間になると、どうされました?と聞かれます。
電話サポートでいろいろ試してもダメだったことを伝えるように言われていたので、状況とこれまでの経緯を説明しました。
ストアでしたことは以下の通りです。

  1. ケーブルをつないでエラーが出るか確認
  2. さらに深い領域で復旧を試みる
  3. iPhoneの使用状態を確認

結果は復旧することはできませんでした…

iPhoneはアップルケア+というサポートに入っていたので無償交換になりますが、無償交換にも基準があるようで、

  • 水没していないか
  • 本体にひずみが無いか
  • 破損しているところは無いか
  • サポートに入っていて、有効期間内か

などを調べます。自分はなんとかセーフ!!

無償交換となりました^^
これでまた2年くらい使えそうです。ありがとう、アップルケア+。

iCloudからのデータ復旧

iCloudに自動でバックアップする設定にしていたので、データの復旧を試みます。ほんとにこの設定にしておいて良かったです!
自動バックアップじゃないとバックアップなんて忘れてしまいます。

iCloudからの復旧手順は以下の通りです。

  1. 「設定」→「一般」→「リセット」の順にタップ
  2. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
  3. 「iPhoneを消去」を選択。(2回)→再起動
  4. 「こんにちは」が表示→「日本」を選択→「キーボード」は何もせずに次へ
  5. 「Wi-Fiネットワーク」が表示されるので選択(パスワードも)
  6. 「位置情報サービス」をオフ→確認画面が出るので「OK」をタップ
  7. 「Touch ID」は「Touch IDを後で選択」をタップ
  8. 「パスコードを作成」は「パスコードオプション」をタップ
  9. 「パスコードを追加しない」を選択→「続ける」をタップ
  10. 「iCloudバックアップから復元」をタップ
  11. 「iCloudサインイン」でAppleIDとパスワードを入力→「続ける」をタップ
  12. 「利用規約」は「同意する」をタップ
  13. 復元したいバックアップを選択→復元開始→再起動
  14. ロック画面になるので解除
  15. Appとメディアを復元中のメッセージは「OK]をタップ
  16. iCloudにサインインする
  17. アプリが復元される

これで完全復旧かと思いきや、メールのパスワードがすべて無くなっています。
一つ一つすべて入力します。

ようやくすべて終了です。

今回学習したこと

  1. アップデートはiTunesから行う方がいい
  2. AppleIDとパスワードは忘れているとたいへん
  3. iCloudの自動バックアップは必ず設定しておく
  4. iPhoneは水没やゆがみの無い使い方をする(無償にならない)
  5. メールのパスワードは自力で直さないといけない
  6. iPhoneはアップルケア+に入るべき

iPhoneが無いと私生活でも仕事でも困りますね。


【関連記事】

新MacBook Proスペースグレイに必要な周辺機器を探す

MacBook Pro 15inch スペースグレイのレビュー。買って良かったか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

柊にわか(ひいらぎ にわか)といいます。 自分が成長するのが好きな40代の男です。 パソコン、ジョギング、料理、お笑い、映画、ディズニー… ジャンルを問わず、興味をもったら首をつっこんでしまいます。 成長するのが止まったら自分の人生は終わりだろうなぁ。