確定拠出年金を分かりやすく説明。この制度のメリットは微妙…

確定拠出年金
スポンサーリンク

確定拠出年金は平成13年10月1日から始まりました。

始まって以来、実施企業数も加入者数も年々増加しています。

下の表は厚生労働省「企業型年金実施事業主数の推移」をご覧ください↓

確定拠出年金の事業主数

確定拠出年金が始まって以来、導入企業は増える一方です!

確定拠出年金は、導入企業が増えているし税制面での優遇もいいと聞いたので調べてみたのですが…

これは、そんなに良い制度???

と思ったので、疑問点を書いてみました。

最初に確定拠出年金が始まった背景について説明して、その後で疑問点を書いています。

確定拠出年金が始まった背景

退職金の受取り方には、「退職一時金」と「企業年金」の2つがあります。

  • 退職一時金は、退職金を一括で受け取る方法
  • 企業年金は、退職金を年金のように受け取る方法(分割)

そして、その内の「企業年金」には、「確定給付年金」と「確定拠出年金」の2種類があります。

  1. 確定給付年金とは
    将来の年金給付額をあらかじめ決めておき、企業が運用して年金を準備するものです。年金の給付額は企業が保証するので、従業員には確実に決まった年金額が給付されます。

  2. 確定拠出年金とは
    企業が毎月あらかじめ決められた掛け金を出し、年金を受けとる人が運用するものです。年金は個人の運用しだいで給付額が変わります。

以前は確定給付年金が主でしたが、現在は確定拠出年金が主になってきています。なぜ確定拠出年金に移行してきたのか、背景を知るのは大切な事だと思います。

確定給付年金では企業の負担が大きくなった

確定給付年金では、企業が元となるお金を出して、それを運用することによって退職金を準備します。

運用については、企業は信託銀行などと契約を結んで、年金資産を管理・運用します。(規約型の場合)

もし、運用がうまくいかずに積立が不足している場合は、企業が不足分を補わなくてはいけません。企業が保証してくれるため、従業員は確実にきまった年金を受けとることができます。

こうした従業員にメリットが大きかった確定給付年金ですが…

バブルが弾けたころから情勢が変わってきます。

超低金利時代に入り、年金の資金運用が困難になって積立不足が増大してきたのです。

そうなると企業は困りますよね!

確定給付年金では、給付額が決まっているので企業が不足分を補わなくてはなりません。企業に負担が大きくのしかかってきます。

そしていよいよ企業は年金の運用ができなくなってきたので、新しい制度(確定拠出年金)に移行することになります。

確定給付年金の種類
確定給付年金は、規約型と基金型の2種類があります。

規約型
労使合意の年金規約を作成し、その管理・運用は信託会社、生命保険会社などが行うもの。

基金型
加入者が常時300人以上いる場合に、事業主が企業年金基金を設立して管理・運用するもの。

確定拠出年金の登場

確定拠出年金は、企業が毎月の掛け金を出し、それを従業員個人が運用していきます。

年金額は掛け金と運用益の合計になります。

運用は個人が行うので、企業にしてみると毎月の掛け金を出すだけで済みます。運用が上手くいかなくても不足分を補う必要もありません。

企業にとってはメリットが大きいです。

そして、確定拠出年金を導入した企業では、従業員は強制的に確定拠出年金になります。(選択制を除く)

今後は確定給付年金に変わって確定拠出年金が主になっていくのは確実です。

確定拠出年金の種類
確定拠出年金は、個人型と企業型の2種類があります。

個人型
確定拠出年金の掛け金を個人が出すもの。自営業者や確定拠出年金を導入していない企業の人などが対象。
愛称はiDeCo(イデコ)

企業型
確定拠出年金の掛け金を企業が出すもの。確定拠出年金を導入した企業の従業員が対象。
企業型には選択制というものがあり、企業型確定拠出年金にするか、退職金を給与として受けとるかを選択できるものもあります。

確定拠出年金のメリットに対する疑問

確定拠出年金には、メリットが多いと言われています。よく言われる、

  1. 運用益は非課税
  2. 掛け金は全額所得控除
  3. 受取時に控除がある

という3つのメリットについて見ていきたいと思います。

メリット1 運用益は非課税

確定拠出年金は自分で資産を運用していかなければなりません。

そこで突然ですが、年金の運用について質問です。

次の2つのうち、どちらを選びますか?

  • リスクは無い(元本割れの心配は無い)が、リターンが小さい商品
  • リスクはある(元本割れの心配がある)が、リターンが大きい商品

いかがでしょうか。

将来の生活に必要な年金です。堅実に、リスクは無い(元本割れの無い)商品を選びませんでしたか?

実際のところ、6割の人が元本割れの心配の無いものを選んでいます。そりゃあ、年金が減ってしまうと大変ですから。

ところが残念なことに、それではメリットが生かせません。
(下手をすると、運用益が少なすぎて手数料分減ってしまうことも考えられます。)

確定拠出年金のメリットの一つに、「資産運用で利益が出たときは、すべて非課税」というものがあります。

通常は運用益の20%を税金として支払いますから、かなり大きなメリットです。

ただしそれは、利益が出れば、の話。運用益が少なければメリットもほとんどありません。

そのため、元本割れの無いものばかりではダメなんですよね。だからといってリスクの高いものばかりでもダメだし^_^;

投資の仕方の勉強が必要です。←これはそのうち調べる予定です。

ということで、結局こういうことかな↓

資産運用の運用益は全部非課税です。

↓言い換えると

運用益は非課税です。ただし、運用益だせたらね。

メリット2 掛け金は全額所得控除

確定拠出年金では、積み立てるときの掛け金が所得控除の対象になります。
つまり、所得税や住民税の計算に掛け金が含まれないので、結果として税金が少なくなります。

税金が少なくので、税制面でたいへんメリットがあると言われています。

ただ…

これも調べてみればなんだかなぁ、という感じです。

確かに月々の掛け金は所得控除されます。

ところが結局、年金受け取りのときに所得税がかかるんです。

毎月の所得税は無しにするけど、受けとる時に所得税かかりますよ。」っていうことですね^_^;

これはメリットに入れない方がいいと思いますが。

ただし、所得税の控除はメリットとは言えないと思いますが、実は違うメリットがあります。

税金がかかるのが年金の受取時なので、かなり後になりますよね。後になるということは、それだけでメリットになります。

例えば、今持っている100万円と30年後の100万円では価値が違います。今100万円をもっていれば、それを運用することによって利益を出すことができますから。

それがメリットと言えるんですが…

これがまた、メリットを打ち消してしまうものが存在しています。

それが、「特別法人税」です。

個人の年金なのに法人税とは何? って思いますよね。

これは、税金を後回しにしたことによる「遅延利息」に相当します。この特別法人税は積立金全額に1.173%も課税されます。

超低金利の時代にそんなに課税されたら、確定拠出年金のメリットはほとんど無くなってしまいます。そこで現在は凍結中なのですが、将来はどうなるのか分かりません。

ということで、まとめるとこうなるかな↓

毎月の掛け金は税金かからないからお得ですよ。

↓言い換えると

毎月の掛け金は税金かからないけど、受け取るときにまとめてかかりますよ。
(特別法人税という爆弾付きで)
特別法人税の凍結の現状

確定拠出年金の遅延利息に相当する税金です。
現在は、平成29年3月31日まで凍結されている状態です。

今後どうなるのかというと…
自民党のホームページに「平成29年度税制改正大綱」に、

「退職年金等積立金に対する法人税の課税の停止措置の適用期限を3年延長する。」

とあります。廃止ではなくて3年間の凍結の延長が決まりました。
これはひょっとすると、凍結を解除する可能性も考えなくてはいけないかもしれません。

メリット3 受取時に控除がある

確定拠出年金のメリットとして、退職所得控除と公的年金等控除というのがあります。

  • 退職所得控除
    退職金を一時金(一括)で受けとるとき、退職所得控除が受けられます。
    退職所得控除とは、「退職金が、この金額までは所得税がかかりません」というものです。

  • 公的年金等控除
    退職金を年金(分割)で受けとるとき、公的年金等控除が受けられます。
    公的年金等控除とは、「公的年金等の所得額が、この金額までは所得税がかかりません」というものです。

どちらも一定の金額までは所得税がかかりませんという内容なので、たいへんメリットがあります。

このメリットはいいと思うんですが…

ただ、確定拠出年金に限ったメリットではないんですよね。

てっきり確定拠出年金だけの特典かと思いきや、実は確定給付年金でもありました。
退職所得控除も公的年金等控除も両方とも。

確かにメリットなんですけどねぇ…

分かりやすく言うと、こうかな↓

退職金の受取は、年金としても一時金としても控除がありますよ。

↓言い換えると

退職金の受取は、控除がありますよ。ただ、以前からありましたけどね。

知識をつけなければ損をする

結局のところ、確定拠出年金は確定給付年金と比べると年金額は減ってしまう可能性が高いと言えます。(運用が上手くできれば別ですが。)

でもマクロ経済スライドもそうですが、時代が変わってしまってきているので仕方ない面もあります。

以前のような年金制度で運用できないのであれば、移行せざるを得ません。

確定拠出年金を導入した企業の人は、自分の年金はしっかり運用しなければいけません!

利益を出さないと、確定給付年金のときのような年金額はもらえないのです。

無難に「元本割れの心配の無いものだけ選んで、放置しておけばいい」というものではないことに注意しましょう。

年金なんてまだまだ先の話と思ってしまいますが、それは受取り時期が先なだけの話です。実際の運用は、今なんですから

これを機会に年金の運用について勉強していきましょう。


【関連記事】

年金法改正。マクロ経済スライドとは何か調べてみた。

高齢ドライバーの事故。免許返納と定年制について考えてみた。

CoCo壱が9年ぶりに値上げ!そこでお得なココイチカレーの食べ方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

柊にわか(ひいらぎ にわか)といいます。 自分が成長するのが好きな40代の男です。 パソコン、ジョギング、料理、お笑い、映画、ディズニー… ジャンルを問わず、興味をもったら首をつっこんでしまいます。 成長するのが止まったら自分の人生は終わりだろうなぁ。