タイピングを快適にするキーボード配列をKarabinerで設定

karabinerの設定
スポンサーリンク

快適なタイピングのために、キーボード配列の設定をしてみます。
キーボード配列を変えるには、配列を変換するソフトウェアを使います。MacでもWindowsでもありますが、機能はソフトウェアによって違います。
Macには「Karabiner」という無料ソフトがあるのですが、超絶お薦めです。これ一つですべて設定できます。作者様のホームページには、「高機能で安定性も極めて高い…」とありますが、本当にその通りで、機能だけでなく安定性もすばらしいです!

では、このKarabinerを使ってキーボード配列を変更していきます。

1 Karabinerのインストール方法

Karabinerのインストールは、インストーラがあるので簡単です。
まず、ダウンロードサイトに行きます。

Karabiner – OS X用のソフトウェア

Karabinerのダウンロード

分かりやすいところにダウンロードのリンクがあるのでクリックします。
インストーラがダウンロードされるので、ダブルクリックして起動します。

インストール時にアクセシビリティの警告メッセージが出るので、「”システム環境設定”を開く」をクリックします。
システム環境設定の中の「セキュリティとプライバシー」をクリックします。

システム環境設定の画面
  1. 「プライバシー」タブを選択します。

  2. 「アクセシビリティ」を選択します。

  3. 「Karabiner_AXNotifier」にチェックを入れます。
    色がうっすらして変更できない場合は、左下の鍵マークをクリックしてロックを解除します。

チェックを入れたらインストールは完了です。鍵マークはロックした状態に戻しておきましょう。

2 Karabinerの使い方

KarabinerはLaunchpadの中にあるので、クリックすると起動します。Karabinerの各タブを簡単に説明していきます。
(赤枠の中のタブを順に説明していきます)

Karabinerの設定

2-1 Change Key

このタブでキーボード配列の変更ができます。このタブがカスタマイズのメインになります。この中から変更したい所にチェックを入れて、キーを変更していきます。では、前回設定した装飾キーを設定していきましょう。

以下の項目にチェックを入れます。

  1. 左ShiftキーをOptionキーに変更
    Change Shift_L Key(Left Shift)
    ・Shift_L to Option_L にチェック

  2. スペースキーを「S and Sに変更。
    「S and S」とは、Spaceキー単独で押すとスペースキーになり、Spaceキーを押しながら他のキーを押すとShiftキーの役割をする設定のことです。この設定は装飾キーとSpaceキーを一つのキーに割り当てられるので、装飾キーの位置を節約できます。しかも、Spaceキーは押しやすい位置ですからお薦めです。
    Change Space Key
    ・Space to Shift_L(+When you type Space only,send Space) にチェック

  3. Emacsのキーバインドに変更
    これでいつでもどこでもEmacsキーバインドが使えます。
    Emacs Mode
    ・Control+H to Delete にチェック
    ・Control+I to Tab にチェック
    ・Control+M to Return にチェック
    ・Control+Y to Command+V にチェック

  4. かなキーと英数キー
    英数キー単独で英数キー、英数キーを押しながら他のキーを押すとCommand(Win)キーに。かなキー単独でかなキー、かなキーを押しながら他のキーを押すとCommand(Win)キーに。かなキー+Spaceキーで英数とかなを切り替えることができるように設定。
    For Japanese
    Change Space Key
    ・Command+Space to KANA/EISUU(toggle) にチェック
    Change EISUU Key
    ・EISUU to Command_L(+When you type EISUU only,send EISUU) にチェック
    Change KANA Key
    ・KANA to Command_R(+When you type KANA only,send KANA) にチェック

2-2 Parameters

デフォルトのまま。

2-3 Key Repeat

「Override the key reapeat values of system」をONにすると、キーを入力したときの反応速度を変更できます。例えば「A」のキーを押しっぱなしにすると、「A」が連続で入力されますよね。その入力の早さが変わります。control+Nでカーソルを次の行に進めるときに、カーソルがすばやく移動して欲しいので、この数値を変更しています。早すぎると、ちょっとキーを押しただけで2文字とか3文字入力されるので、自分の入力速度にあった設定をします。

  • デフォルトの設定
    Delay until repeat: 416
    Key repeat: 83

  • 自分の設定
    Delay until repeat: 216
    Key repeat: 50

カーソルの移動速度とか入力の反応が劇的に変わるので、いろいろ試行錯誤して自分好みにしていきます。

2-4 Status Message

デフォルトのまま。

2-5 Profiles

デフォルトのまま。

2-6 AXNotifier

デフォルトのまま。

2-7 Misc & Uninstall

このタブの中に「Open private.xml」という項目があります。その「Open private.xml」を編集することで、「Change Key」の項目に無いものも自作することができます。この機能があるので、知識さえあれば、Karabinerは何でもできてしまいます。

「Misc & Uninstall」タブの中の「Open private.xml」をクリックします。

private.xmlファイル

現れたフォルダの中の「private.xml」をダブルクリックすると、中身が表示されます。以下の内容を「private.xml」にコピーします。

「Change Key」タブに戻り、「Reload XML」をクリックすると「Private Key」という項目ができています。

Karabinerのオリジナルキー

「Private Key」の中に、4つチェックするところがあります。4つともチェックしてください。これで必要なキーボード配列の変更が完了しました。


今回はMacでのキーボード配列の変更方法を書きました。まだ手直ししたいところがあるので、Karabinerの使い方はまた調べてみる予定です。


【関連記事】

快適なタイピングのためのEmacs。インストールと基本コマンド

タイピングに最適なキーボード配列を考える

快適なタイピング環境を構築する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

柊にわか(ひいらぎ にわか)といいます。 自分が成長するのが好きな40代の男です。 パソコン、ジョギング、料理、お笑い、映画、ディズニー… ジャンルを問わず、興味をもったら首をつっこんでしまいます。 成長するのが止まったら自分の人生は終わりだろうなぁ。