深刻な高齢者講習の受講待ち。解消されるかもしれない理由

高齢者講習解消
スポンサーリンク

高齢化社会になり、高齢者講習の受講者が年々増えています。

現在では3ヶ月、4ヶ月の受講待ちになっている自動車学校があります。

現在の受講待ちについてはこちらをご覧ください↓
高齢者講習は大混雑!今後どうなるか予測しました

その高齢者講習が、平成29年3月12日に大きく改正されます。特に予約に関係ありそうなことを挙げると、

  • 講習の時間が2時間と3時間に分かれる
  • 認知機能検査と高齢者講習で2度予約を取らなくてはいけなくなる

の2点が大きいですね。

高齢者講習の予約が、今後どうなるか心配な方も多いと思います。

2回の予約について
都道府県によりますが、認知機能検査と高齢者講習を別の日で行うようになります。
同じ日に行うところもあるようなので、通知書が届いたら説明をよく読んだ方がいいと思います。

でも、その受講待ちが解消されるかもしれませんよ。

その理由は…

自動車学校にとって重要な売上げが多くなるからなんです。(それが結論)

どのくらい売上げが多くなるのか、予測ですが計算してみました。

高齢者講習の受講者の割合

高齢者講習は、2時間の講習と3時間の講習に分かれます。

講習の詳細はこちらの記事をご覧ください。
新高齢者講習の詳細な内容と時間配分

そして2時間講習と3時間講習はどちらが多いかというと、これは2時間講習の方が断然おおくなります。

予測では、75パーセントくらいは2時間講習になりそうです。

高齢者講習の売上げが変わる

高齢者講習は、年齢や認知機能検査の結果によって料金が変わります。

料金の詳細はこちらの記事をご覧ください。
道路交通法改正後の複雑な高齢者講習を解説

では、現行の講習と新講習ではどのくらい売上げが変わるのか予想してみました。

委託料は公開されていないようなので、だいたい1割くらいだと想定して計算しています。

現行の講習

現行の高齢者講習は、75歳以上が5,850円で、75歳未満が5,600円です。

自動車学校は公安委員会から委託業務として高齢者講習を行っているので、その中から委託料を差し引いた金額が売り上げになります。

委託料を550円とすると、

  • 75歳以上は5,300円
  • 70歳未満は5,050円

となります。

1人の教官が3人担当することができるので、1人の教官1時間あたりの売上げは

  • 75歳以上は5,300円
  • 70歳未満は5,050円

となります。

教習生の技能教習の料金が1時間5,200円くらいなので、おおよそ同じくらいですね。

新高齢者講習

  • 3時間の講習

3時間の講習料金は、7,550円です。

そこで2時間講習の委託料が750円くらいとすると、売り上げは6,800円くらいか。

3時間の講習は、1人の教官あたり2人まで担当することができます。
(個別指導が一人30分必要ということから2人としましたが、運用しだいでもう少し効率化できるようです。)

つまり、3時間の講習で13,600円の売り上げとなるので、1時間あたりに換算すると4,530円となります。

ずいぶん安くなってしまいましたが、実際にはもっと効率よくできるので1教官あたり5,000円くらいになるか…

2時間の講習

2時間の講習ではどうでしょうか。

2時間の講習料金は、4,650円です。

委託料を450円とすると、4,200円の売り上げになります。

2時間の講習は、1人の教官あたり3人まで担当できます。

つまり、2時間で12,600円の売り上げ。1時間に換算すると、6,300円となります。

これは、技能教習に比べるとずいぶん高くなるのです。

収益があるほど力を入れる

さて、高齢者講習は2時間の講習が多くなることが予想されています。

そしてその2時間の講習の売上げが、これまでよりも良くなります。

少子高齢化により教習生の入校が少なくなっているところに、予約の殺到している高齢者講習。

この状態で高齢者講習の売上げが多くなるということは…

高齢者講習に力を入れる自動車学校が増えるのではないでしょうか。

高齢者講習の受講待ちの対策で効果があるのは、講習の内容でも講習時間でもなく、

実は自動車学校の収益を上げることなのかもしれません。

そして、この料金は高齢者講習の受講者にとっても悪い話ではありません。

受講者の多い2時間の講習は、従来の講習よりも料金が下がっています

講習の時間が少なくなって、料金が下がるのは歓迎ですね。

最後に

料金についてはだいたいの金額を予想したものですから、実際の自動車学校の売上げは違うかもしれません。

ただ、従来の高齢者講習と比べると、2時間講習は明らかに売上げは多いはずです。

現在の状況が続くと、受講者の不満は溜まる一方なので、この料金の改正は良かったのではないかと思います。

受講待ちが今より深刻にならないようになって欲しいものです。


【関連記事】

準中型免許で現在の免許証はどう変わる?その考え方を解説

新高齢者講習の詳細な内容と時間配分

高齢ドライバーの事故。自主返納と定年制について考えてみた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

柊にわか(ひいらぎ にわか)といいます。 自分が成長するのが好きな40代の男です。 パソコン、ジョギング、料理、お笑い、映画、ディズニー… ジャンルを問わず、興味をもったら首をつっこんでしまいます。 成長するのが止まったら自分の人生は終わりだろうなぁ。