新MacBook Proスペースグレイに必要な周辺機器を探す

MacBook Proの周辺機器をどうする?
スポンサーリンク

【平成29年1月7日更新】

新MacBook Proには4つのThunderbolt 3(USB-C)ポートがあります。

Thunderbolt(最大40Gbps)
USB 3.1 Gen2(最大10Gbps)

ここで問題なのはUSB-Cです。
USB-Cは、従来のUSB(Type Aといいます)と形状が違うんですよね…

これまで使っていたUSBメモリとか、USB接続のハードディスクとか、USBのマウスはそのままでは使えません(T-T)

そこで新たに変換ケーブルやUSB-Cに対応した機器を買いそろえる必要がでてきます。

注意!

USBの世代
USB2.0とかUSB3.0というのはUSBの世代を表しています。
新MacBook ProのUSBの世代は、3.1 Gen2 です。
USB3.1 には Gen1 とGen2 があり、転送速度が2倍も違うので注意しましょう。
・Gen1 :5Gbps
・Gen2 :10Gbps

USB端子の形状
USB-Cというのは端子の形状のことです。
Macは USB ではなく、Thunderbolt というデータ転送技術を使っていましたがMac以外には普及しませんでした。
Thunderbolt は USB-C 端子と同じ形状を採用したので、MacBookは1つのポートで USB-C も Thunderboltも使うことができるようになりました。

新MacBook Proの周辺機器は、なるべくUSB3.1 Gen2 に対応していて、端子の形状がUSB-C のものがベストです。

その中でも、高級感があって色がスペースグレイに合う色のものを探すことにします。

変換アダプタ

現在あるUSB機器をそのまま使いたい場合は、変換アダプタを使います。

  • USB-C – USBアダプタ(Apple純正品 )
    ¥2,200 (税別)

こちらは USB 3.1 Gen1 を USB3.0 に変換します。
Appleで購入できるので安心ですが、値段が高いんですよね。

  • Anker PowerLine USB-C & USB 3.0ケーブル (0.9m) 【防弾仕様の高耐久ケブラー繊維】

こちらはブラックがMacBookに合いそうです。ケブラー繊維を使用していて、一般的なケーブルの5倍以上長持ちします。
純正品より安いです。

USBハブ

変換アダプタを使って現在ある周辺機器を使うのもいいのですが、多機能なUSBハブを使うという方法もあります。
変換アダプタよりも値段が高くなりますが、USB3.0の他にも、SDカードリーダーなども使えるようになります。

  • 3Q-LEVO Type-C USB ハブ ウルトラスリム (Gray Silver)

こちらは純正品と見間違うほどのクオリティーを目指して開発されています。Amazon新着ランキング(2016年9月30日)で1位になっています。

本体はアルミニウムで作られているので、MacBookの質感と揃えることができます。ただ、本体の上に書いてあるロゴはいらなかったですねー

以下の機能があります。

・USB 3.0ポートが3つ
・SDカードリーダー
・HDMIポート
・USB Type-C充電ポート搭載

  • TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C1 マルチUSB-Cハブ

こちらもアルミニウムで作られています。ダークグレーもあります。

機能がかなり多く、値段も抑えられているのでお買い得感が高いです。

2017年2月10日に入荷予定ですが、注文は受け付けをしています。こちらは、以下の機能があります。

・USB 3.0ポートが3つ
・充電ポート
・HDMIポート
・Ethernetポート
・SDカードスロット
・micro SDカードスロット

USBメモリ

USB-Cになったため、変換ケーブルを買うか、新たにUSB-Cに対応したメモリを買うかどちらかです。
せっかく高速なUSB-Cなので、新たに購入した方がいいでしょう。

ただ、MacBook Pro以外のUSBポートにも使えるものが一番なので、ここは切り替えで両方とも使えるものを選ぶことにします。

  • サンワダイレクト USBメモリ USB3.1 ・ Type C / USB3.0 ・ Type A 16GB

こちらは、持つところをくるっと回すと切り替えができるUSBメモリです。
長さが31.5mmとコンパクトだし、スペースグレイのMacBookにも合いそうです。

ハードディスク

MacBook ProのSSDは容量が少ないので、大きなファイルを保存したりバックアップをとるのには向いていません。
そこで、動画などのファイルサイズが大きいものはハードディスクに保存することにします。

ハードディスクは転送速度が早いものを選ぶべきなので、USB-C Gen2 に対応したものが候補です。
Appleのサイトのアクセサリとしてハードディスクがありますが、USB3.0 なので候補からはずします。

  • I-Oデータ USB 3.1 Gen1 Type-C対応 ポータブルハードディスク「カクうす」
    HDPX-UTC1K 1.0TB
    HDPX-UTC2K 2.0TB

このハードディスクはシルバーとブラックがあります。
ブラックの方がスペースブラックには合いますね。

SSD

MacBook ProはSSDを使用しています。
SSDに慣れた体で、外付けのハードディスクを使うと遅く感じるかもしれません。

そこで、値段も安くなってきた外付けSSDもいいですね。
私は容量はそれほど大きくなくていいから、ハードディスクよりもSSDかな。

SSD256GBのMacBook Proにしたから、容量が少なくなってきたら購入する予定。

  • I-Oデータ USB 3.1 Gen2 Type-C対応 ポータブルSSD
    SDPX-USC240S 240GB  
    SDPX-USC480S 480GB  

この製品は超薄型アルミパネルを使用していて、重さが100gと軽量です。
アルミパネルがいい質感を出しています。

今のところシルバーしか無いのかな。

電源アダプタ

電源アダプタは購入時に同梱されています。

でも、故障してしまった場合は購入しなければなりません。

MacBook Proの電源アダプタは、ケーブルも含めるとなんと1万円もします!

非常に高いので、偽物が出回る可能性が高いです。

米Amazonでアップル純正として販売されている電源アダプタとケーブルは、その9割が偽物だったという話があります。
なんか価格が安いと感じた場合は気をつけましょう。

純正品の電源アダプタの価格
13インチと15インチは電源の種類が違うので注意が必要です。

15インチMac
87W USB-C電源アダプタ  :8,800円
USB-C充電ケーブル(2 m):2,200円

13インチMacBook Pro  
61W USB-C電源アダプタ  :7,400円
USB-C充電ケーブル(2 m):2,200円

こちらはAppleのアクセサリのページです↓
Macの純正アクセサリ

格安の非純正品は、見た目は純正品と見間違うくらいのものですが、内部構造は全然違います。
分解してみると基板の回路から全く違っていて、安全性に問題があります。

最悪の場合、火災にもつながることがあるので安さにつられないように気をつけましょう。
毎日のように使うものですからね。

しかし、電源アダプタで1万円か…高いです(T-T)

Thunderbolt ハードディスク

MacBook ProはThunderbolt 3に対応しています。
まだThunderbolt製品は少ないんですよね、速度は速いのに…

でも、平成28年11月10日からAmazonでThunderboltハードディスクが発売開始だそうです。

発売前で未知数ですが、興味がある方はいかかでしょうか。

最後に

現状でUSB3.1 Gen2に対応しているものはあまりありません。
今発売されているUSB3.1 Gen1のものを購入するか、それとも待つか…

これは、自分の欲望との戦いですね。
私はMacBook Proが届いたら買ってしまいそうです^^

自分が欲しくなるようなものが出たら随時更新していきたいと思います。

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

柊にわか(ひいらぎ にわか)といいます。 自分が成長するのが好きな40代の男です。 パソコン、ジョギング、料理、お笑い、映画、ディズニー… ジャンルを問わず、興味をもったら首をつっこんでしまいます。 成長するのが止まったら自分の人生は終わりだろうなぁ。