TVのヤラセは許せる?ヤラセ疑惑の番組のまとめ

やらせは許せるか
スポンサーリンク

テレビ番組のヤラセは許せる人と許せない人に分かれます。

ヤラセの内容にもよりますが、私は「視聴者を楽しませるための演出」であれば許せる人です。

番組を観ていると、すぐヤラセだとピンときますが、楽しめなくなってしまうので演出と思っています。

許せる派と許せない派はどちらが多いのでしょうね。

今回は、ヤラセ疑惑がある番組について、まとめてみました。

芸能人格付けチェックのヤラセ

まずは、ダウンタウン浜田さんの「芸能人格付けチェック」です。

今年も新春特番がありました。(2017年1月1日)

格付けチェック
出典:http://www.asahi.co.jp/kakuzuke/

芸能人が一流かどうかを6つのチェックに挑戦します。内容は以下の通り。

  1. ワイン飲み比べ
  2. バイオリンとチェロの音感
  3. 料理の味覚チェック
  4. ジャズバンドの演奏聞き比べ
  5. 本物の盆栽を当てる
  6. 高級牛肉を当てる

この格付けチェックの問題は2択(今回は3択もあり)なのですが、これが意外と当りません。

ところが、他の芸能人が次々と二流、三流と落ちていく中、Gacktさんだけ連勝していきます。

そして今回でなんと48連勝!

2009年から連勝が続いているので、もう7年連続正解です。

あまりに一人だけ連勝を続けるので、Gacktさんの連勝がヤラセではないかという疑惑が出ています。

…ということですが、

これ、疑惑というか、もちろんヤラセですよね。ガチだと思っている人は多いのかな?

出演者がそろって3流ばかりでは、演出としてイマイチ。

だから一流芸能人の役が必要です。たぶん最初は叶姉妹も連勝していたので、Gacktさんと迷っていたんでしょうね。

まさかGacktさんが「一流キャラ役にして欲しい」なんて言うわけないから、番組の演出としてやっているだけだと思います。

でも、これは演出として楽しめるからいいんじゃないでしょうか。

失敗だったのは一流キャラとして連続正解させてしまったことでしょう。最初から正解率断トツNO1のキャラとしておけば自然だったのに。

これじゃ、すぐバレますよね。

ビートたけしの超常現象(秘)Xファイルのヤラセ

年末の「ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル」です。(2016年12月24日)

ビートたけし
出典:http://news.goo.ne.jp/picture/entertainment/musicbook-131349.html

この番組は超常現象や未確認物体があるのかどうか議論を戦わせる番組です。

その中の「全米屈指のブレインハッカー、ジョー・ブロギー氏が緊急来日」にヤラセがありました。

ジョーブロギー氏は脳の中を読み取り、相手を意のままに操ることができるという能力があります。

その脳の中を読み取る人を選ぶときに、大槻教授(早稲田大学名誉教授)が名乗りを挙げたのですが…

番組スタッフが「大槻教授はダメなんです。段取りがありますから」と却下。

大槻教授の言い分は聞き届けられませんでした。

大槻教授は今後、

  • 番組を打ち切りにする → BPO人権委員会に提訴しない
  • 番組を打ち切りにしない → BPO人権委員会に提訴する

という内容で番組の重役と面談し、面談後に記者会見も開くそうです。

科学者、教育者としての人格が否定されたことに対する申し立てになります。

…ということですが、

大槻教授と超能力者の本気のやりとりは、いつも楽しく観ていました。(今回は見逃しましたが。)

大槻教授も本当じゃないと分かっていながら、真剣なフリをしていると思っていたんですが…

超本気だったんですね!

てっきり番組の演出なのだと^_^;

これ、ひょっとして討論番組だったんですか? お笑い番組のジャンルじゃないのかなぁ。

今回は、番組スタッフが大槻教授の意見を聞かずに、一方的に超能力者の意見のみを放送してしまったことに間違いでしたね。

これでまた一つ人気番組が無くなってしまいそうです。

でも、大槻教授も番組の打ち切りを求めるより、「次回からは俺は出ないからな!」と言うくらいで良かったのでは?

ゴチになります!のヤラセ

グルメチキンレース ゴチになります!」(2016年12月22日)

ゴチになります!
出典:ORICON STYLE (柳葉敏郎『ゴチ』初戦で1位「あざっす!」)

設定された金額の料理を注文し、一番設定金額から離れていた人が全員の代金を自腹で払います。

そして、年末に年間で一番自腹額が多い人が1人クビになります。

以前から自腹はヤラセではないかとの疑惑がありましたが、どうやらこれは本当のようです。

問題なのはクビになる人が決まっているのではないかという疑惑です。

2015年末のゴチで、江角マキコさんがクビになりました。

ところがその前に、江角マキコさんはFRIDAYに、

「仕事がなくなったのではありません。自分からテレビに出るのをやめようと決めたんです」

と明かしていたそうです。

都合良くクビになったことが疑惑を招きました。

…ということですが、

クビになる人は最初から決まっている感じは以前から感じていました。特に今回の柳葉さん、大逆転でクビはたぶん演出ですね。

お土産があるかどうかで、クビになる人が入れ替わるというアイデアはいいですね。

今回もハラハラ感が演出できていて良かったと思います。

こういうのは、別にいいと思いますけどね。

それより、あの結果をもったいぶる演出は何とかならないものか…

紅白歌合戦2016の採点基準

皆さんご存知の紅白歌合戦です。

紅組と白組どちらが勝つのか。

まったく気にしていませんでしたが、今回の結果で始めて意識しました。

結果はこちら↓

  • テレビ視聴者 
    紅組 2,527,724票
    白組 4,203,679票

  • 会場の投票
    紅組  870票
    白組 1,274票

  • 審査員
    紅組 8票
    白組 2票

さて、勝ったのはどっち?

普通は白組だと思いますが、実際に勝ったのは紅組。

審査員の配分が多すぎましたね。

単純に票を足すと、
・紅組 2,528,602票
・白組 4,204,955票

白組の方が 1,676,353 票多くなります。そりゃあ、167万票も多いのに何でって思いますよ。

正直、紅白でどっちが勝ったなんて誰も気にしないと思っていましたが、制作者サイドは気にしているんですね。

ヤラセじゃないかと言う人もいましたが、これは採点基準どおりに採点しただけなのでヤラセではありません。

来年は採点基準を視聴者が納得いく方法に変えた方がいいですね。

最後に

最近はネットやSNSでヤラセはすぐに広がります。

人気番組だったのに、ヤラセが原因で打ち切りになってしまうこともあります。

そういえば、好きで観ていた「ほこたて」という番組もヤラセで無くなったなぁ。ドリル好きだったのに…

楽しんで観ている人のために、番組が無くなったりしないように願いたいものです。

それから、ほとんどの番組にヤラセはあると思います。

ヤラセを気にしていたら、テレビ自体を楽しめなくなってしまいます。


【関連記事】

松本人志監督、そろそろ映画作りませんか?酷評など気にせずに。

サンシャイン池崎。芸人も苦笑する面白さ

ベッキー復帰は歓迎です。ベッキーの人柄について思うこと

2017年にブレイクする!お笑い芸人「ブルゾンちえみWithB」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

柊にわか(ひいらぎ にわか)といいます。 自分が成長するのが好きな40代の男です。 パソコン、ジョギング、料理、お笑い、映画、ディズニー… ジャンルを問わず、興味をもったら首をつっこんでしまいます。 成長するのが止まったら自分の人生は終わりだろうなぁ。