認知機能検査で76点取る方法。イラスト問題の覚え方のコツなど

75歳以上のドライバーは、運転免許証を更新するときに認知機能検査が必要です。

認知機能検査は76点以上取ると、その後の高齢者講習が2時間になります。

2時間の講習になると検査時間が短くて済むことに加えて、講習料金が安くなる特典があります。

2時間の講習が5,100円、3時間の講習が7,950円ですから、大きな違いですよね。

なんとか76点取りたいとお考えの方のために、認知機能検査で76点以上取るポイントを書いてみようと思います。

★高齢者講習の詳細はこちらをご覧ください↓
新高齢者講習の詳細な内容と時間配分>>

認知機能検査の点数配分

まずは、認知機能検査の問題を見てみましょう。

認知検査の問題をあらかじめ見てしまっていいのかと思う方もいると思いますが、問題は警視庁のウェブサイトで一般に公開されているものなので大丈夫です。

ちなみに、問題だけでなく、検査の方法から採点の仕方まで掲載されていますよ。

★認知機能検査の問題はこちら↓
認知機能検査について(警視庁)

警視庁サイトにある問題の中身を見ると、認知機能検査の問題は5問あるように見えます。

でも、よく見て見ると、採点されない問題や、ヒントの有る無しだけの違いの問題があるので、

実質的に認知機能検査の問題は、次のA〜Cの3問だと思っていいでしょう。

  • A 検査をする、年・月・日・時刻
  • B イラストの記憶
  • C 時計描画

そして、この問題の点数配分を計算してみると、


A 17点
B 62点
C 21点

となっていることが分かりました。(小数点は四捨五入していいます。)

この点数配分を見ると、Bのイラスト問題の配点が非常に高いことが分かります。

イラスト問題を予習しておけば、かなり点数に違いが出そうですね。

では、各問題の目標点数と点数の取り方を書いていきます。

検査時間の攻略

Aの問題は、年月日と時刻を書く問題です。

この問題は、16点以上を目指します。(満点は17点)

回答用紙は、次のようになっています。

認知機能検査の問題1

・ 今年は何年か
・ 今月は何月か
・ 今日は何日か
・ 今日は何曜日か
・ 今は何時何分か

日付や曜日は、カレンダーを見て覚えておいてください。

注意するポイントとしては、年と時刻のところです。

「今年は何年か」の質問
西暦でも和暦でもかまいません。
どちらか片方をしっかり覚えておきます。
元号で書くときは、平成から新元号に変わるので注意が必要です。

「今は何時何分か」の質問
今、何時何分かを書きます。(採点は30分のズレまでは正解となります。)
認知機能検査の受付の時間を覚えておけば、正解に近い時間を書くことができます。
この質問の配点は1点程度なので、間違えても問題ありません。

イラスト問題の攻略

Bの問題は、イラストを記憶する問題です。

目標点数は、40点以上です。(満点は62点)

イラスト問題では、次のようなイラストを16枚見せられます。

認知機能検査のイラスト問題

これを頑張って暗記します。

暗記したものを、回答用紙にできるだけたくさん書いていきます。

回答用紙には、次のように1から16までの回答欄があるだけです。

ヒント無しで正解できた方が点数は高くなります。

認知機能検査の問題2

続いて、今度はヒントが書いてある回答欄で回答を書いていきます。

認知機能検査の問題2ヒントあり

ヒントがあるので、先ほどのヒント無しよりも書けると思います。

ここで正解すると、ヒント無しの半分の点数がもらえます。

さて、イラスト問題の攻略ですが…

問題は全部で4パターンあり、1つのパターンに16枚のイラストがあります。

つまり、イラストは全部で64枚もあるのです。

これを全部覚えようとしても、当日は頭が混乱してしまうでしょう。

そこで、とりあえずは最低限の点数を目指しましょう。

40点以上取るためには、ヒント無しで11問正解できれば大丈夫です。

こちらからイラスト問題のパターンA〜Dをすべてダウンロードしてください。

それぞれのパターンの中から、覚えやすいもの11個選びます。

その11個をしっかり覚えましょう。

覚えやすいものから集中的に覚えるのが近道だと思います。

自信がついたら、本番の検査のように練習してみます。

まずは、パターンAの問題を5分くらいで覚えます。

実際の検査では、覚えた後に、わざと採点しない問題を挟みます。(数字に斜線を引く問題)

練習でも、テレビを見るなどして2分くらい間を開けておくといいでしょう。

その後、パターンAのイラストを、ヒント無しで回答用紙に書き出します。

11問以上回答できれば、とりあえずの目標は達成です。

ポイントは、なるべく実際の検査のように練習することですよ。

5分で覚える→2分違うことをする→回答する

という流れを経験しておくと、本番で落ち着いて行うことができます。

イラスト問題の計算方法
ヒント無しで1問正解すると2点、
ヒント有りで1問正解すると1点もらえます。
(両方とも正解だと2点)
その合計点数×1.94がイラスト問題の点数となります。

時計描画の攻略

Cの問題は、時計を描く問題です。

目標点数は、21点を目指しましょう。(満点は21点)

問題は、次のようになっています。

認知機能検査の時計描画

警視庁サイトにある「進行要領」をみると、時計描画の時刻は次の4つに決められているようです。


11時10分
1時45分
8時20分
2時45分

この中から、検査をする人が、「○時○分の時計を描いてください」と指示します。

この4つを描ければ、時計描画の問題は満点を取ることができます。

描くときのポイントは、次の3つです。

1から12までの数字を書く。
数字を書く場所は、「12が上、3が右、6が下、9が左」の位置に来るようにする。
短針と長針の長さを間違えないようにする。

認知機能検査の攻略のまとめ

認知機能検査の問題は、実質3問です。

A 検査時刻(目標16点)
B イラスト記憶(目標40点)
C 時計描画(目標21点)

当サイトで立てた目標は、合計すると77点以上となり、第3分類になることができます。

この目標では本当にギリギリなので、実際にはイラスト問題の点数を取れるようにしておきたいところです。

認知機能検査は、本来は初めて見る問題で行うものですが、

検査結果によって高齢者講習の料金が大きく変わるという問題があります。

予習しておいて、少しでも料金を抑えていくのも良いと思います。

(実際のところ、予習して覚えることができる方は、初見の問題でも良い点数が取れると思いますよ。)